深水法律事務所オフィシャルブログ

最高水準の法律業務を維持しつつ、同時に快適なリーガルサービスを提供すること。それが深水法律事務所の理念です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
成人年齢

成人年齢は、

基本原則18歳、飲酒・喫煙20歳に落ちつきそうです。

若年成人保護規定の問題が決着していませんが、消費者被害がおきないよう十分配慮を求めます。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

 

旧民法

国会図書館で公開されている旧民法を見ると大変読みやすくできています。

現代の法文は、必要以上に正確に表記しようとして、かえって分かりにくくしてしまっているように思えます。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

 

法務省冊子

法務省から民法改正の冊子が配布されました。

要点がよくまとめられていますが、2020年施行までに全て勉強するのは大変そうです。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

マネックス買収

マネックスがコインチェックを買収することになりました。

新体制で消費者救済と再発防止全力に全力を尽くしてもらいたいと思います。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

改正消費者法

改正消費者法が施行されました。

意外な改正点も多く勉強が大変です。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

 

カジノ法案

カジノ法案の審理において、入場料が議論されています。

ギャンブル中毒防止のための入場料だそうですが、それならば、そもそもカジノをつくらなければよいはずです。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

18歳成人

18歳成人が正式に承認されそうです。

当分、飲酒、選挙権、法律行為等、18歳と20歳の制限が並存するようです。

消費者契約法上は、特別の保護規定が設けることが検討されているようですが、十分な配慮が欲しいものです。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

日本型司法取引

日本型司法取引がまもなく施行されます。

組織型犯罪等の典型的事件を考えれば、利益はあるように思われますが、弊害のほうが多いように思われます。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

カジノ税

カジノ税は3割との報道がなされています。

日本人は、週何日までといった歯止めも考えられているようですが、「健康を害します。」と表示ながら煙草を売っていることと重なり合って見えます。新たな法律問題にならなければ良いのですが。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

 

 

年度末

年度末が近づいてくると弁護士会総会、被害者支援センター理事会その他各種行事が目白押しです。

4月まで、激務は解消されそうにありません。

 

深水法律事務所富山弁護士会所属)

債務整理過払い金相談室

交通事故相談

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.